チェーン・ソーのエンジンまわり1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




ゼノア・チェーン・ソーG2551で、リコイル・スタータの紐が戻りません。

リコイル・スタータを外しリールを手で回してみると、スプリングが効いている感覚がありません。

リールを外してみると、スプリングが折れています。

スプリングASSYです。

部品はこの状態で届くので、袋から出す時に落としてスプリングをばらさないように気を付けます。

スプリングASSYをゆっくり慎重に取り付けます。

リールと紐も交換です。

左写真のように、先に紐を通して結び目を作っておきます。

軸部に薄くグリースを塗付し、リールを取り付けます。

リールを小刻みに動かしながら軽く押さえ込み、しっかり奥まで入った事を確認出来たら、つまりリールの切り欠き部にスプリングのフックが入った感覚を覚えたら、スクリュを締めてリールを固定します。

後は、左写真のようにリール外周の切り欠き部(U部)に紐を引っ掛けて、リールを押さえながらリコイル・スタータ本体を回してスプリングを巻いていけば、スプリングが戻る力で紐は巻けますね。





共立チェーン・ソーCSE3501で、エンジンがかかりません。

潤滑剤を直接シリンダ内に吹き付けてクランキングしても、「プスッ」とも言いません。

点火系に問題がないのに初爆が全くない状態なので、ピストンを確認するため、チェーン・カバーを外しマフラを外します。

ピストンに深い縦傷が多数入っています。

所謂、エンジンが焼き付いた症状です。

これではエンジンがまともに始動するはずありません。

ピストン(リング含む)とシリンダ(ガスケット含む)を交換しないと直りません。



マキタ・チェーン・ソーME230Tで、エンジンがかかりません。

しつこくクランキングすれば、初爆くらいはします。

キャブレータを外してみると、インシュレータが破損しています。

このチェーン・ソーのキャブレータは、直接シリンダに取り付いて固定されている訳ではなく、インシュレータと樹脂カバーを挟んだ上、樹脂カバーに取り付いて固定されているのです。

したがって、これが今回の原因です。

インシュレータを取り外します。

インシュレータは、6角穴付きボルト2本でシリンダに固定されています。

取り外したインシュレータです。

新品のインシュレータです。

左写真のように、インシュレータの吸入口の部分を樹脂カバーに入れて、樹脂カバーと一緒に取り付けます。

後は、キャブレータを取り付けて元に戻していくだけです。





その他の修理関連