管理機、耕運機のロータリ2

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




クボタ管理機TR60で、耕運軸オイル漏れ修理です。

オイル漏れなので、オイル・シールの交換になります。

オイルが漏れているのは右側ですが、折角なので左右両方のオイル・シールを交換します。

まずは、高圧洗浄機で耕運軸回りを洗います。

オイル・シールを交換するので、ドレン・ボルト(頭部10㎜)を外しギヤ・オイルを抜いておきます。

車軸ピンを外すと爪軸が抜ける構造ですが、左側の爪軸が完全に膠着していて外れません。

左写真のように耕運軸をシノで固定して、爪軸をパイプ・レンチで回したりハンマで叩くなどして、まずは爪軸を回転させて膠着を取ろうと試みましたが、びくともせず駄目です。

全く外れそうになかったので、爪軸の外側からエンジン・オイルを入れます。

爪軸の中は泥が詰まっていたので、マイナス・ドライバでほじくり出し、コンプレッサでエア吹きしてからオイルを入れます。

オイルを浸み込ませて膠着を取ります。

ピン穴からもオイルを浸み込ませます。

再び爪軸を外そうと試みましたが、全く駄目です。

なかなかオイルが浸み込んでいかないので、この日の作業は諦めます。

ちなみに、酸素アセチレンを使って熱してもいいですが、やはり取り外すのは至難です。

熱による悪影響も心配です。

翌日、同様の方法で外そうと試みましたが、びくともしないので再びオイルを注し、このまま放置しておきます。

翌々日、まだ膠着が取れないので、さらにオイルを注し放置します。

かなりオイルが浸透してきたようです。

4日目にして、ようやく外れてきました。

爪軸の膠着は、どこのメーカーの管理機でも起こりえます。

爪軸をディスク・グラインダで切って外す方法もありますが、その場合は基本的に爪軸の交換になってしまいます。

日にちはかかりますが、このようなやり方で取り外せばいいんです。

カップ・ブラシ・グラインダで耕運軸回りの錆びを落としてから、オイル・シールを外します。

ツバ付きのオイル・シールなので簡単に外せます。

左右両方から外したオイル・シールです。

ツバ付きなので、取り外すのも取り付けるのもとても簡単です。

耕運軸のオイル・シールのリップ部が摺動する面を、#800~1000の耐水ペーパで磨きます。

潤滑剤を吹き付けておいて磨きます。

潤滑剤とコンプレッサでのエア吹きで、粉塵を含めた汚れをきれいに飛ばします。

オイル・シールを取り付けます。

ハンマを使い、対角線上にずらしながらツバの部分を打ち込みます。

左右両方のオイル・シールを取り付けたら、爪軸を取り付け、ミッション(ギヤ)・オイルを入れて完了です。





その他の修理関連