モアのその他1

農業機械の簡単メンテナンスTOPへ戻る




オーレック・ウイング・モアWM747で、ロータリ・カバーが左に下がった状態から水平に戻せない症状です。

角度調整レバーの根元を見てみると、ワイヤ・アームが曲がって前方に外れています。

今回、何故このような事になったかというと、左側のロータリ・カバーを下げて畦刈りしている状態から、角度調整レバーだけを操作してロータリ・カバーを水平に戻そうとしたからです。

間違った操作をしていないように感じると思いますが、左側のロータリ・カバーには泥や刈り草が付着し重くなっているので、角度調整レバーを力ずくで操作してはいけないのです。

正しい使い方は、出来るだけ機体を平坦な場所に移動させてから、機体を左に傾けて水平にし、ロータリ引きワイヤの張りを弛めた上で、角度調整レバーを操作してロータリ・カバーを水平固定にします。

ワイヤ・アームを含め、レバー回りは頑丈ではないので、なるべくロータリ引きワイヤが弛んだ状態にし、ワイヤ・アームにかかる負荷を減らす事が壊さない上手な使い方です。

ロータリ・カバーを水平に固定できないと軽トラックにもすんなり載せれないので、ワイヤ・アームを後方に移動させてロータリ・カバーを水平にしています。

左写真で分かるように、ワイヤ・アームが今にも外れそうです。

頭部10㎜の固定ボルトを2本外し、コントロール・カバーを外します。

コントロール・カバーを外すと、ワイヤ・アームの曲がりがよく分かります。

ワイヤ・アームがブラケットに接触しています。

ブラケットに接触している割りピンを外し、ワイヤ・アームからロータリ引きワイヤを外します。

ワイア・アームの抜け止めである頭部12㎜の固定ボルトを外し、アーム戻しバネとワイヤ・アームを外します。

角度調整レバーは外しません。

外したワイヤ・アーム、アーム戻しバネ、固定ボルトです。

本来ワイヤ・アームは交換ですが、部品が届くまで待てないので叩いて修正します。

曲げて直すより叩いたほうが良さそうなので、左写真のように叩いて直します。

少し溶接して補強します。

ブッシュが付いているので、一度に熱をかけず濡れタオルで冷ましながら溶接します。

見た目は悪いですが、ちゃんと直ってます。

ワイヤ・アーム取付軸が根元から少し曲がってるので、左写真のようにパイプを使い直します。

角度調整レバーが付いたままですけど、ブラケット側の歪みなので問題なく簡単に修正できます。

軸にグリースを塗付し、ワイヤ・アームを取り付けます。

上手く修正できたので、抜ける心配は無さそうです。

コントロール・カバーを取り付けます。

水平固定の位置で左のロータリ・カバーがやや垂れていたので、ロータリ引きワイヤを調整して少し張っておきます。

動作確認し問題がなかったので完了です。





その他の修理関連